シーズン外が狙い目

ダンボール

引っ越しで大変な作業は業者に任せる

引っ越しをするときには業者に任せるようにすると負担を軽減することができます。東京から大阪へといった形で都市部を移動するような引っ越しをするときには運転をするだけでも大変です。業者に任せて搬出も搬入も行ってもらった方が運転の心配もなく、トラブルも回避して引っ越しを終えることができます。また、大変な場合には梱包も業者に任せてしまうのも良い方法です。整理してダンボールに詰め込むのは時間もかかって苦労が重なりがちですが、慣れているプロに任せてしまうとわずかな時間で終わらせてくれます。壊れやすいものには養生をし、同じ場所で使うものは同じダンボールに梱包してラベリングするなどの配慮も行ってくれるので、引っ越しをしてから何がどこにあるのかもわかりやすくて困らないというメリットもあるのです。ですから、梱包を業者に委託してしまうことも考えるといいでしょう。

引っ越しの手続きで必要なもの

引っ越しをするときには手続きを行う必要もありますが、そのときに必要なものはそれほど多くはありません。引っ越し前に必要なのが転出届を提出することです。この用紙は役所に置いてあるので、身分証明書と印鑑を持って役所に行けば手続きをすることができます。一方、引っ越し後には転入届を提出することになりますが、この用紙も役所にあります。やはり身分証明書と印鑑が必要ですが、それと合わせて転出届を提出したときに渡される転出証明書も持っていかなければなりません。また、国民年金や国民健康保険に加入している場合にも転出及び転入のときに合わせて行うことになります。保険証と国民年金手帳があれば転出の際の手続きができ、転入の際には再度申し込み手続きを行うだけなので身分証明書と印鑑があれば問題ありません。必要な書類などはあまり多くはないのが引越の手続きの特徴です。

引っ越しをする時に一番困ることランキングベスト3

no.1

運んだものが使えなかった

引っ越しをして一番困ったのが運んだ家具や家電が設置できなかったり、そもそも運び込むことができなかったりしたことだったというのはよくあります。予め引越し先の部屋や廊下、階段などの寸法を測っておくことが必要です。

no.2

不用品とゴミの処分に苦労した

引っ越しの準備をしている間に出てきた不用品やゴミの処理に困ったということもよくあります。ゴミの日に引越しできるわけではないので計画的な処分をしなければならず、残してしまうと引っ越しのときに運ぶ必要が生じるリスクもあるでしょう。

no.3

必要なものが見つからなくなった

梱包のときに十分に整理していなかったのが原因で、引っ越しをしてから必要なものが見つからないということも珍しくありません。すぐに必要なものはひとまとめにしてすぐに取り出せるようにしておくことが重要です。

スムーズに引っ越し作業を進めるために

引っ越しのときには引っ越しそのものだけでなく諸手続きも必要になって忙しくなりがちです。スムーズに引っ越し作業を進めるためには大変な作業は業者に任せ、自分でやるべきことは早めにスタートするようにしましょう。

[PR]

引っ越しは大阪で好評の業者に頼もう
梱包資材を無料で提供してくれる

東京で人気の高い引越し業者を厳選特集♪
事前に必要な知識をcheck☆

[PR]

広告募集中